スマらく!

スマホと一緒に楽しく楽して生きていこう!

デジカメのSDカードは、高速の規格のものを選ぼう!

time 2017/02/24

デジカメのSDカードは、高速の規格のものを選ぼう!

ブログを新しく始めるにあたり、今までカメラはほぼiPhoneでお任せにしていたのですが、ブログ用の写真がiPhoneのギャラリーに溜まるのを、家族などの写真とごちゃまぜになるのが嫌で消していっていたので、昔使っていたデジカメを引っ張りでして使うことにしました。

僕が使っていたのは、もう廃番になっていますが、フジフィルムのXQ1です。

コンパクトデジカメですが、広角側の最低のf値1.8と非常に明るくて、ブログ用のモノ写真の撮影にも便利なカメラです。

サイズが小さくていつでも持ち運びできるのも、気に入っていました。

さて、デジカメを使うにあたり、必要なのが記録メディアのSDカードです。

XQ1は、SDカードの速度を表す規格「UHS-I」という高速な規格に対応しているので、SDカードを価格も安く、UHS-I対応のものの中から選びました。

保存容量はそんなに必要ないので、選択したのは「Transcend SDHCカード 16GB Class10 UHS-I対応」です。

CLASS 10及びUHS-Iスピードクラス1に対応している最大転送速度60MbpsのSDHCカードです。

CLASS10とUHS-Iスピードクラス1は、共に最低転送速度10Mbps以上を保証しているため、撮影から画像データの保存まで素早く行ってくれます。

つまり、撮影の作業がサクサクとできるんですよね。

今回は、ブログ用の撮影ではありますが、普段、デジカメで家族やペットを撮影する人も、転送速度(書き込み速度)が速いSDカードを選ぶのは鉄則だと思います。

せっかくのシャッターチャンスが、デジカメの書き込み速度が遅くて逃してしてしまっては、残念です。

僕は、デジカメの出始めた世代から使っていまして、昔は書き込み速度が非常に遅く、次の撮影までのインターバルが長くて子どものいい感じの瞬間を撮り逃したことも多々ありました。

今は、デジカメとSDカード共に性能が格段にアップしたので、そんなことも少なくなりました。

UHS-Iはスピードクラス1の上にスピードクラス3という規格もあり、こちらは最低転送速度30Mbps以上の高速書き込みができますので、大事な家族やペットの撮影に使っているカメラには、ぜひより高性能なSDカードを選んでくださいね。

もちろん、カメラ側の性能も重要なので、使いやすく、高性能なカメラはそれ相応にいい写真が撮れると思っていただいていいでしょう。

今回購入した商品はこちら

sponsored link

down

コメントする




*

筆者紹介

静鈴

静鈴

スマホやタブレットが好きなガジェットオタクのオヤジです。 今使っているメインガジェットは、スマホがiPhone 7 Plus(au)、タブレットがiPad Pro(10.5")、パソコンがMacBook Airです。 女優のぱるる(島崎遥香ちゃん)の大ファンです。



sponsored link

スポンサー