スマらく!

スマホと一緒に楽しく楽して生きていこう!

【iPhone 7 Plus】頑丈なバンパーと強化ガラスフィルムがあれば、そう簡単には割れないぞ

time 2017/03/15

【iPhone 7 Plus】頑丈なバンパーと強化ガラスフィルムがあれば、そう簡単には割れないぞ

通勤電車で、たまにiPhoneの液晶画面が割れた状態で使っている人を見かけます。

Twitterなどで、芸能人がiPhoneを落として液晶画面を割ってしまった、という話もよく聞きます。

僕はiPhoneの液晶画面を割ったことが一度もありません。

iPhone 3G時代から使っているので、数年間、iPhoneを使い続けていて、一度も割ったことがありません。

でも、「iPhoneを落としたことがないか?」と聞かれると、そうでもありません。

ネックストラップを付けているわけではないので、iPhoneを落としたことは、何度もあります。

でも、割ったことはないです。

この前、この話を携帯ショップの店員さんにしたら、

「頑丈なバンパーを着けられているからでは?」

と言われました。

僕が今使っているのは、Deffの「Cleave Aluminum Bumper」です。

このバンパーは、iPhone 7 plusのジェットブラックの質感を損なわないデザインに惚れて、購入しました。

価格は安くありませんが、昨年まで使っていたiPhone 6s Plusでも、一度買った高めのバンパーを一年間使い続けたので、次のiPhoneが出るまで使うつもりで買いました。

カッコいいデザインと、背面のジェットブラックの光沢の質感がそのまま見せられるので、今のところは、他のバンパーやカバーに浮気するつもりはありません。

このバンパーが、非常に頑丈にできていて、iPhoneを落下事故から守ってくれています。

iPhoneが落下した痕跡を、見せます。

2枚の写真とも、バンパーの角が傷ついているのがわかります。

この傷は、バンパーがiPhone 7 Plusを守ってくれた証です。

液晶画面が割れる人は、この角の部分を床や地面やコンクリートにぶつけて、そこから斜めに衝撃を受けて、割れてしまっています。

このバンパーがあれば、100%の保証とはいかなくても、角の部分への衝撃を、バンパーが受け止めてくれています。

おかげで、液晶画面が割れずに助かっています。

また、僕は、液晶画面の擦れによる傷を防止するために、強化ガラス製の液晶保護フィルムを、必ず貼っています。

今、貼っているのは、Ankerの「強化ガラス 液晶保護フィルム」です。

iPhoneの液晶画面は、非常に強固なガラスを使っていますが、擦れにすごく強いわけではないので、裸で使っていると、擦り傷ができてしまいます。

強化ガラス製の液晶保護フィルムを貼っていれば、擦り傷は液晶保護フィルムが受けてくれるので、傷がついたら、変えるだけです。

このAnkerの「強化ガラス 液晶保護フィルム」は、Amazonでの販売価格が799円(税込)と非常に安いので、気軽に交換することができるのも、いいですね。

iPhoneの液晶画面を割ったことがある人は、自分が使っているカバーを見直ししてみませんか?

見た目で保護しているように見えても、脆いカバーを使っているために、落として割ってしまうのかもしれません。

もちろん、落とさないよう大切に扱うのが一番です。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

つらつら

筆者紹介

静鈴

静鈴

スマホやタブレットが好きなガジェットオタクのオヤジです。 今使っているメインガジェットは、スマホがiPhone X(au)、タブレットがiPad Pro 10.5"、パソコンがMacBook Airです。 女優のぱるる(島崎遥香ちゃん)の大ファンです。



sponsored link

スポンサー