スマらく!

スマホと一緒に楽しく楽して生きていこう!

【Moto G5 Plus】IIJmioのSIMカードをセットアップしました!

time 2017/04/09

【Moto G5 Plus】IIJmioのSIMカードをセットアップしました!

以前にSIMフリースマホのZenfone 2 LaserやNuAns NEOを使っていた時にIIJmioの格安SIMカードを使っていてアカウントがあるため、Moto G5 Plusも、まずはIIJmioのSIMを使うことにしました。

IIJmioのSIMを選択した理由は、

  1. データSIMがパッケージで入手できる(購入した時点ですぐに使える)
  2. 月額972円(税込)で3GB/月使えるコスパの良さ
  3. 評判の悪い楽天モバイルよりは安心して使える

の3つの理由があります。

BIC SIMというコジマ・ビックカメラが販売しているSIMでも、店頭で買えます。

今回は、Amazonで「IIJmio SIMカード ウェルカムパック」を買いました。

Moto G5 Plusで使えるSIMカードのサイズは、nano SIMです。

間違えずに買いましょう。

SIMのスロットは、Moto G5 Plusの上部にあります。

SIMカードとmicroSDカードは、同じスロットの表と裏にセットします。

ちなみに、僕の入れたSIMスロットは、2枚入れられる方の2枚目のスロットでした。

1枚しかSIMを入れない人は、どちらに入れても問題なく使えます。

2枚同時に待ち受け、通信するように2枚入れることもできる(DSDS、デュアルSIMデュアルスタンバイ)のも、Moto G5 Plusの特長の一つです。

音声SIMとデータSIMを、それぞれ別の会社のものを使うなど、使い分けができます。

いつか試してみたいですね。

SIMスロットにSIMをセットして本体に入れたら、「設定」アプリからSIMカードが使えるように設定します。

「設定」→「SIMカード」を選択します。

SIMスロット2にdocomo系のSIM(IIJmio)が入っているのがわかります。

このままではデータ通信できないので、「設定」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」を選択します。

「モバイルネットワーク設定」の中の「アクセスポイント名」をタップすると、プリセットされているMVNO業者のAPN設定から設定が選べます。

プリセットされているMVNO業者は下記の通りです。

  • BBIQ
  • BIGLOBE
  • DMM MOBILE
  • IIJmio←僕が使っているSIM
  • OCNモバイルONE
  • SO-net
  • U-mobile
  • ヨドバシワイヤレスゲート
  • b-mobile
  • mineo(docomoプラン)
  • moperaU
  • nifty
  • spmode
  • 楽天モバイル

docomo系の主なMVNOはほぼ網羅されているので、格安SIM初心者は、この中の会社から格安SIMを選ぶと楽ですね。

Moto G5 Plusで使う格安SIM選択の参考にしてください。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

つらつら

筆者紹介

静鈴

静鈴

スマホやタブレットが好きなガジェットオタクのオヤジです。 今使っているメインガジェットは、スマホがiPhone X(au)、タブレットがiPad Pro 10.5"、パソコンがMacBook Airです。 女優のぱるる(島崎遥香ちゃん)の大ファンです。



sponsored link

スポンサー