スマらく!

スマホと一緒に楽しく楽して生きていこう!

【書評】「死ぬくらいなら会社辞めればができない理由」汐街コナ著

time 2017/04/10

目下、僕は躁鬱の鬱状態がひどいです。

「死にたい」と一日に何度も思い、頓服の精神安定剤で心を安定させて、なんとか働いている状態です。

まさに「死ぬくらいなら会社辞めれば」と言われても、「辞められない」と言っている状況です。

マンガで読みやすそうで、Kindle版の「死ぬくらいなら会社辞めればができない理由」(汐街コナ著)を購入して、一気読みしました。

他の人がどうだろうと死ぬ人は死にます

よく、他の人はがんばっているんだから、あなたががんばらないのがおかしい。

と言われます。

でも、がんばれるキャパシティは人それぞれ。

僕は今、僕のがんばれるキャパシティを超えているんです。

自分にあったがんばり方をみつけるのは、逃げることじゃない

自分にあったがんばり方、ってなんだろう?

見つかりません。

逃げ出したい弱虫じゃないかとばかり思ってしまいます。

できる人がやった方が効率的

自分しかできない。

そう思うのも幻想なんでしょうね。

人に任せて自分は楽をする。

そんなゲスい生き方。憧れます。

憧れるだけじゃダメだ。自分もゲスく生きたい。

「世の中にはもっとつらい人がいるんだから我慢しなさい」

と言われたら、口に出さなくてもいいから、こう思いましょう。

「あっそ。カンケーねーよ」

ぐさっと心に突き刺さった言葉です。

そうだよね。

関係ありません。

他人ががんばっていようが、自分が死んでしまっては、なんの意味もありません。

口に出しさなくてもいいからじゃなく、口に出して言おう。

カンケーねーよ!

判断力があっても辞められない理由

中でも大きいのは「他人を中心に考えてしまう」

他人のため、他人の評価のため、どうしても無理をしてしまう。

今の自分もそう。他人の評価ばかり(これには会社だけじゃなく、家族も含む)気にしています。

いちばん大切なのは、自分の命を守ることなのに。

「なにが君のしあわせ。なにをしてよろこぶ」byアンパンマンのマーチ

最近、何が自分の幸せなのか、何をしたら自分がよろこぶのか忘れてしまいました。

反対に自分を自分でいじめることは、四六時中しているのにな。

仕事上の立場は替えがきく。

替えのきかないものも存在します。

あなたが誰かの父親であること

誰かの夫であること

そうだよなあ。

仕事は、色々と理由をつけて辞めさせないようにしてくるけど、実は、絶対に変えがきかないわけじゃない。

でも、子供達にとって父親は僕だけであり(あ、離婚して再婚すれば新しい父親ができるじゃん、ってのは、なしで(苦笑))、嫁にとっての夫も僕だけか。(とりあえず)

替えがきかないことを忘れていました。

家族が理解してくれないことに、過度な期待をしないようにしましょう。

はい、すみません。

過度な期待をしていました。

これは、考え方を改めます。

結局、自分の身は自分で守る。

たったひとつしかない自分の命なのだから。

さて、どうしよう。

マジ死にたいんですけどー。(完全に鬱期)

青字は本書からの引用です

sponsored link

down

コメントする




*

筆者紹介

静鈴

静鈴

スマホやタブレットが好きなガジェットオタクのオヤジです。 今使っているメインガジェットは、スマホがiPhone 7 Plus(au)、タブレットがSurface Pro 3とiPad Air 2、パソコンがMacBook Airです。 女優のぱるる(島崎遥香ちゃん)の大ファンです。



sponsored link

スポンサー