スマらく!

スマホと一緒に楽しく楽して生きていこう!

死にたい、でも、生きたい〜『ザ!世界仰天ニュース』を見て〜

time 2017/05/10

死にたい、でも、生きたい〜『ザ!世界仰天ニュース』を見て〜

昨日(平成29年5月9日)、日本テレビ系の『ザ!世界仰天ニュース』で、一昨年に難病のCAEBV(慢性活動性EBウイルス感染症)で亡くなった声優・松来未祐さん(享年38歳)の闘病生活が放送されていたのを観ました。

『ザ!世界仰天ニュース』は、娘が好きな番組で、うちではいつもテレビがつけられています。

闘病生活の中、病名がわかり、症状が悪化した時に、松来未祐さんがお父さんに宛てて書いたメールで「生きたい。死にたくない」と訴えられていたのが、非常に印象に残りました。

今、僕は、人生の中でも、非常に厳しいうつ病の抑うつの悪化に悩まされています。

一日に何度も、「死にたい」という希死念慮と、「生きたい」「家族とずっと一緒にいたい」という葛藤が何度も繰り返されています。

でも、松来未祐さんの「死にたくない」というストレートな言葉に、希死念慮を抱く自分はダメだなあ、と感じました。

うつ病は、確かに死と向い合せの病気です。

いつ死んでもおかしくありません。

でも、世の中には「生きたい」けど「死んでしまう」人がいるのに、自死を選ぶということは、やはり罪深いです。

どうすれば、この希死念慮を思わずにいられるのか。

僕は、自分が生きるために何をすべきか、何ができるか、考えたい。

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ) 

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

つらつら

筆者紹介

静鈴

静鈴

スマホやタブレットが好きなガジェットオタクのオヤジです。 今使っているメインガジェットは、スマホがiPhone X(au)、タブレットがiPad Pro 10.5"、パソコンがMacBook Airです。 女優のぱるる(島崎遥香ちゃん)の大ファンです。



sponsored link

スポンサー